banner

福祉医療 自己負担

高齢者の生活に大きな影響があります

banner 福祉医療制度は自治体が行っているために、地方によって大きく内容が異なることがあります。
なかでも高齢者を対象にする老人医療制度は、内容の違いが鮮明です。
まず対象となる年齢ですが、65歳から開始する自治体が多くなっています。
しかしなかには70歳から開始する自治体もありますので、5歳も開きが存在するのです。
老人医療制度の助成の内容は、3割負担を1から2割に自己負担にすることが多くなっています。
すなわち負担割合を、1から2割軽減するようにしているのです。
例えば高齢者になると、月に5万円の医療を受けている人はたくさん存在します。
月に5万円の医療費で、医療費を1から2割軽減すると、5千円から1万円の助成になります。
これを年単位に換算すると、6万円から12万円ですので、1か月の年金の支給額に相当する額です。
これほどの差が、生活する自治体によって5年間も違うのです。
したがって自治体が行う福祉医療制度は、高齢者の生活に大きな影響があります。

一人親方の労災保険の特別加入【労災センター共済会】

抗がん剤による脱毛で悩む女性の方へアンベリールが悩みを解決します

お得な半額キャンペーンも実施中
運転代行のShin.aiグループなら夜8時~朝4時までの割引サービスもあり!

愛知県内で人気の求人をご用意しています

イメチェンはヘアースタイルから始めましょう。まずはLINK'sでご相談ください。

福祉医療 自己負担の関連情報

banner 医療機関を受診すると、青壮年の場合には医療費全体の3割分を自己負担することが基本です。
しかし

福祉医療制度は国の根幹にも繋がる制度です

banner 地方自治体においては、福祉医療制度を行うことによって、行政サービスを充実させています。
なかで

母子家庭や父子家庭に対する医療費助成

banner 最近は離婚するカップルが増加しましたので、一人親家庭が増加するようになりました。
一人親家庭の

地方自治体の一人親家庭医療費助成制度